HOME > サルでもわかる?アパート投資 > 自己資金とアパートローン

サルでもわかる?アパート投資

自己資金とアパートローン

現金買い以外でアパートを購入する際、まず最初のハードルがローン付けです。
つい2〜3年前の好景気の時は、金融機関も大判振る舞いの時期がありました。
物件の対象エリアも広く、地方の物件でも融資が容易でしたし、物件評価によっては自己資金ゼロのフルローンも珍しくありませんでした。

では、現在のアパートローン事情はというと、“かなり厳しいです。”の一言です。

都市銀行では個人の属性(職業や年収、資産背景)にかかわらず、自己資金として物件価格の20〜30%が最低でも求められます。
地方銀行・信用金庫ではまだ少しだけ緩く、自己資金20%以下でもOKが出る場合もあります。
ただ、対象エリアは地銀の営業エリアに限定されます。

その他、金利は少し高めですが、オリックス信託銀行、スルガ銀行、ライフアパートローン等がアパートの融資に積極的な姿勢をみせていて、自己資金は10%程度でも可能性があります。

また、首都圏にお住まいで地方の物件をローンで買うことは現在非常に難しいのですが、国民生活金融公庫(国金)を利用できれば買える可能性が出てきます。

以下の金融機関と自己資金との目安をご覧ください。

  自己資金
目安
金利 エリア 特徴
都市銀行 20〜30% 2〜3% 広い(大都市圏) 個人属性重視
地方銀行・信用金庫 15〜30% 2〜4% 狭い 営業エリア内は
審査緩い
オリックス信託銀行 10〜30% 3〜3.8% 首都圏 築古物件可
スルガ銀行・ライフ 10〜30% 3.8〜4.5% 首都圏 審査基準緩い
日本政策金融公庫 10〜40% 2.5〜3.4% 広い 限度額
4800万円まで

上記の自己資金には仲介手数料などの諸経費は含めておりません。
諸経費についてはこちら

結論からいいますと、現在の金融情勢から自己資金としては最低でもアパート価格の10〜30%+諸経費が必要です。
・諸経費を節約したい方はこちら → (例)仲介手数料300万円が無料に!
 仲介手数料無料・割引のうりあぱ.com

  • サルでもわかる?アパート投資
  • これで解決!アパート投資 教えて大家さん
  • 数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター

売却無料査定ご相談

「知って得するアパート投資物件探し」
アパート投資物件購入の流れ
アパート投資物件を探そう
木造とRCの違い
アパート投資物件のチラシを見てみよう
アパート投資物件を見に行こう
アパート投資物件購入にかかる費用
アパート投資物件に掘出物はある?
「アパート投資の経営 虎の巻」
これで解決!空室対策
管理会社選びの重要さ
(続)管理会社を動かせば空室はなくなる?
リフォームで差別化を
アパートの定期清掃について
「アパート投資の落とし穴」
アパート投資の落とし穴(リスク)を知ろう
賃料不払い対策
家賃保証制度・サブリースについて
アパート賃貸市場はどう変わるか
敷金の基礎知識

「損をしないアパート投資売却術」
ケース1 相続発生
ケース2 買い換え
ケース3 出口戦略
「サルでもわかる?アパート投資」
アパート投資のリスクと魅力
利回りとは?
アパート管理会社について
自己資金とアパートローン
アパート投資の経営における固定経費とは?
アパート投資の経営収支について
節税対策とアパート投資の経営
「これで解決!アパート投資 教えて大家さん」
「数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター」
アパート投資収支シミュレーター
不動産投資ガイド
アパート投資・税務・法務ご相談室
アパート投資Q&A
リンク集
無料相談のご予約

アパート投資HowToサイト アパナビ|運営会社:株式会社クラフコ