HOME > 知って得するアパート投資物件探し > アパート投資物件購入にかかる費用

知って得するアパート投資物件探し

アパート投資物件購入にかかる費用

アパート投資物件を買う場合、物件価格のほかに税金などの諸費用がかかります。以下は5000万円のアパート投資物件を購入したときの一般的な諸費用の一覧です。合計すると、最低が115万円〜最大で400万円の諸費用がかかります。 なぜこんなに開きがあるかというと、仲介手数料の有無やローンを使うか、新築か中古物件かといった 違いによって諸費用も変わってきます。

目安としては物件価格の2.3%〜8%が諸経費ということになります。

アパート投資物件購入時の諸費用一覧

内訳 (例)価格5000万円のアパート投資物件購入時の概算
・登記費用
(表示登記)
(登録免許税)
(司法書士費用)

・表示登記は新築物件のみ 約10万円
・保存登記・移転登記・抵当権設定登記等、約30〜60万円

仲介手数料

・(上限)物件価格の3%+6万円+消費税=163万8千円※仲介手数料無料や割引を実施している業者もあります。

印紙代

・売買契約書貼付用 15,000円
※物件価格5000万円超〜1億円以下は45,000円

火災保険

・期間10年一括(地震保険5年付)
約30〜50万円

銀行ローン

・金融機関によってローン手数料 0〜借入額の1%〜1.5%

固定資産税
都市計画税

約10〜25万円

不動産取得税

約40〜70万円
不動産取得後、約3〜6ヶ月後に請求

  • サルでもわかる?アパート投資
  • これで解決!アパート投資 教えて大家さん
  • 数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター

売却無料査定ご相談

「知って得するアパート投資物件探し」
アパート投資物件購入の流れ
アパート投資物件を探そう
木造とRCの違い
アパート投資物件のチラシを見てみよう
アパート投資物件を見に行こう
アパート投資物件購入にかかる費用
アパート投資物件に掘出物はある?
「アパート投資の経営 虎の巻」
これで解決!空室対策
管理会社選びの重要さ
(続)管理会社を動かせば空室はなくなる?
リフォームで差別化を
アパートの定期清掃について
「アパート投資の落とし穴」
アパート投資の落とし穴(リスク)を知ろう
賃料不払い対策
家賃保証制度・サブリースについて
アパート賃貸市場はどう変わるか
敷金の基礎知識

「損をしないアパート投資売却術」
ケース1 相続発生
ケース2 買い換え
ケース3 出口戦略
「サルでもわかる?アパート投資」
アパート投資のリスクと魅力
利回りとは?
アパート管理会社について
自己資金とアパートローン
アパート投資の経営における固定経費とは?
アパート投資の経営収支について
節税対策とアパート投資の経営
「これで解決!アパート投資 教えて大家さん」
「数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター」
アパート投資収支シミュレーター
不動産投資ガイド
アパート投資・税務・法務ご相談室
アパート投資Q&A
リンク集
無料相談のご予約

アパート投資HowToサイト アパナビ|運営会社:株式会社クラフコ