HOME > 知って得するアパート投資物件探し > 木造とRCの違い

知って得するアパート投資物件探し

木造とRCの違い

よく、木造物件と鉄骨やRC(鉄筋コンクリート)の物件のどちらを買ったら良いかを聞かれることがあります。

物件の構造による比較

  木造 鉄骨造 RC造
法定耐用年数 22年 34年
(軽量鉄骨は27年)
47年
価 格
利回り
維持コストの安さ
建替えの容易さ
銀行評価
融資期間の長さ

※ ◎→○→△の順で比較判定しています。

木造の特徴としては、価格が手頃で利回りも高い物件が多い。
維持費も少額で済むが、反面、寿命が短い、融資期間が短かいなどのデメリットがあります。

鉄骨、RC造は価格がやや高く利回りは木造より劣るが長期の融資が組みやすく、古くなっても転売が容易といったメリットがあります。

以上のように、どちらもメリットとデメリットがありますので、一概にどちらが有利かは決められません。
ただ、同じ立地、同じ利回りで価格もそれほど変わらなければ、RC物件の方が融資も付きやすいため有利でしょう。

  • サルでもわかる?アパート投資
  • これで解決!アパート投資 教えて大家さん
  • 数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター

売却無料査定ご相談

「知って得するアパート投資物件探し」
アパート投資物件購入の流れ
アパート投資物件を探そう
木造とRCの違い
アパート投資物件のチラシを見てみよう
アパート投資物件を見に行こう
アパート投資物件購入にかかる費用
アパート投資物件に掘出物はある?
「アパート投資の経営 虎の巻」
これで解決!空室対策
管理会社選びの重要さ
(続)管理会社を動かせば空室はなくなる?
リフォームで差別化を
アパートの定期清掃について
「アパート投資の落とし穴」
アパート投資の落とし穴(リスク)を知ろう
賃料不払い対策
家賃保証制度・サブリースについて
アパート賃貸市場はどう変わるか
敷金の基礎知識

「損をしないアパート投資売却術」
ケース1 相続発生
ケース2 買い換え
ケース3 出口戦略
「サルでもわかる?アパート投資」
アパート投資のリスクと魅力
利回りとは?
アパート管理会社について
自己資金とアパートローン
アパート投資の経営における固定経費とは?
アパート投資の経営収支について
節税対策とアパート投資の経営
「これで解決!アパート投資 教えて大家さん」
「数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター」
アパート投資収支シミュレーター
不動産投資ガイド
アパート投資・税務・法務ご相談室
アパート投資Q&A
リンク集
無料相談のご予約

アパート投資HowToサイト アパナビ|運営会社:株式会社クラフコ