HOME > アパート投資の落とし穴 > アパート賃貸市場はどう変わるか

アパート投資の落とし穴

アパート賃貸市場はどう変わるか

アパート投資は、通常10〜30年以上の長期にわたって継続していく事業です。
そのため、目先だけでなく中長期的な視点で物件の間取りやエリアを的確に選別していくことが大切です。

アパート需要と予想

  単身者(1K〜1DK) 家族向け(2DK以上) 今後の見通し
都市部
極めて強い
駅徒歩15分以上は△

強い
駐車場不要

人気エリアは
今後も順調
郊 外
強い
駅徒歩15分以上は△

強い
駐車場要

エリアにより
格差が出る
地 方
やや弱い
学校・工場等あれば○

駅からの距離は関係なし
駐車場要

エリア格差大
人口減少地域は厳しい

今後は人口減少と少子高齢化が進んでいくことは明白で、アパート需要もよりいっそう格差が広がっていくことが予想されます。
下記サイトで全国の将来推計人口のデータが参照できます。
国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/pp-shicyoson/j/shicyoson08/kekka1/kekka1.html

また、下記グラフは2010年と2025年の予想人口ピラミッドです。

目先の10年くらいはそれほど変わらないでしょうが、20年以降は賃貸市場も変貌している可能性が高いです。 特に若い人は都市部に集中し、地方圏は厳しくなることが予想されます。

こうした将来を見据えて、一部では高齢者や外国人をターゲットした「ケアハウス」や「シェアハウス」といった新しい形態のアパートも登場しています。
運営の仕方が特殊なので専門の管理業者に委託が必要ですが、今後の成り行きに注目をしていきたいと思います。

  • サルでもわかる?アパート投資
  • これで解決!アパート投資 教えて大家さん
  • 数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター

売却無料査定ご相談

「知って得するアパート投資物件探し」
アパート投資物件購入の流れ
アパート投資物件を探そう
木造とRCの違い
アパート投資物件のチラシを見てみよう
アパート投資物件を見に行こう
アパート投資物件購入にかかる費用
アパート投資物件に掘出物はある?
「アパート投資の経営 虎の巻」
これで解決!空室対策
管理会社選びの重要さ
(続)管理会社を動かせば空室はなくなる?
リフォームで差別化を
アパートの定期清掃について
「アパート投資の落とし穴」
アパート投資の落とし穴(リスク)を知ろう
賃料不払い対策
家賃保証制度・サブリースについて
アパート賃貸市場はどう変わるか
敷金の基礎知識

「損をしないアパート投資売却術」
ケース1 相続発生
ケース2 買い換え
ケース3 出口戦略
「サルでもわかる?アパート投資」
アパート投資のリスクと魅力
利回りとは?
アパート管理会社について
自己資金とアパートローン
アパート投資の経営における固定経費とは?
アパート投資の経営収支について
節税対策とアパート投資の経営
「これで解決!アパート投資 教えて大家さん」
「数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター」
アパート投資収支シミュレーター
不動産投資ガイド
アパート投資・税務・法務ご相談室
アパート投資Q&A
リンク集
無料相談のご予約

アパート投資HowToサイト アパナビ|運営会社:株式会社クラフコ