売却無料査定ご相談はこちら

HOME > 損をしないアパート投資売却術 > ケース2 買い換え

損をしないアパート投資売却術

ケース2 買い換え

10年超所有の事業用資産は買換えが得

「建ててから15年のアパート投資物件を売りたいが、よい節税対策は無いだろうか」 ある大家さんからご相談をいただきました。

結論からいいますと売却して1年以内にアパート投資物件を買えば節税効果があります。

アパート投資物件・貸地などの事業用資産には買換え特例という優遇税制措置があります。

特定事業用資産の買換えの特例
個人が平成23年12月31日までの間に、特定の事業用土地や建物を譲渡して、原則として譲渡した年またはその前年もしくは翌年に日本国内の事業用資産を取得し、取得の日から1年以内に事業の用に供した場合または見込みである場合に適用されます。

特定の事業用土地建物とは細かい規定がありますが、所有期間が10年を超える土地・建物(貸地・駐車場等もOK)を譲渡して買換える場合が該当します。

一般的には、売却して経費を除いた金額(譲渡費用)に通常20%の譲渡税(所得税+住民税)がかかります。 ところが、10年以上所有の事業用資産を売却し同額の資産に買換えた場合、譲渡益の80%が繰り延べされますので、残る20%の譲渡所得に対して20%課税され、実質的には4%の課税で済みます。

譲渡所得税20% → 買換え特例により実質4%に

なので、10年超所有の事業用物件の売却は買換えがお得です。

ケース1 相続発生
ケース2 買い替え
ケース3 出口戦略(資産整理)

売却無料査定ご相談はこちら

  • サルでもわかる?アパート投資
  • これで解決!アパート投資 教えて大家さん
  • 数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター

売却無料査定ご相談

「知って得するアパート投資物件探し」
アパート投資物件購入の流れ
アパート投資物件を探そう
木造とRCの違い
アパート投資物件のチラシを見てみよう
アパート投資物件を見に行こう
アパート投資物件購入にかかる費用
アパート投資物件に掘出物はある?
「アパート投資の経営 虎の巻」
これで解決!空室対策
管理会社選びの重要さ
(続)管理会社を動かせば空室はなくなる?
リフォームで差別化を
アパートの定期清掃について
「アパート投資の落とし穴」
アパート投資の落とし穴(リスク)を知ろう
賃料不払い対策
家賃保証制度・サブリースについて
アパート賃貸市場はどう変わるか
敷金の基礎知識

「損をしないアパート投資売却術」
ケース1 相続発生
ケース2 買い換え
ケース3 出口戦略
「サルでもわかる?アパート投資」
アパート投資のリスクと魅力
利回りとは?
アパート管理会社について
自己資金とアパートローン
アパート投資の経営における固定経費とは?
アパート投資の経営収支について
節税対策とアパート投資の経営
「これで解決!アパート投資 教えて大家さん」
「数字で見える悠々ライフ アパート投資収支シミュレーター」
アパート投資収支シミュレーター
不動産投資ガイド
アパート投資・税務・法務ご相談室
アパート投資Q&A
リンク集
無料相談のご予約

アパート投資HowToサイト アパナビ|運営会社:株式会社クラフコ